元ネタ : 【社会】今春の花粉予測、どっち? 環境省「かなり多い」、埼玉県「非常に少なくなる」
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1422243111/

もろ禿 ◆SHINE.1vOk @もろ禿HINE! ★@\(^o^)/[sage] 2015/01/26(月) 12:31:51.72 ID:???0.net
今春の花粉予測、どっち? 環境省「かなり多い」、埼玉県「非常に少なくなる」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00000505-san-soci


 目のかゆみに鼻のムズムズ、頭がボーッとする…。今年もまた花粉症の季節がやってくる。毎年、春先につらい思いをしている人も少なくないだ
ろう。そんな人たちにとって、欠かせないのが花粉の飛散予測だ。飛散する量や時期によって対策の仕方も変わるため、注目度は高い。だが、昨
年末から今月初旬にかけ、今春のスギ花粉について全く異なる飛散予測が出された。環境省が飛散量を「関東地方ではかなり多くなる」としたの
に対し、埼玉県は「例年より非常に少ない」と推定した。どうしてこうも対照的な予測になったのか。

■予測の元になる3つの根拠

 「どちらを信じればいいんですか?」。率直な疑問を環境省の担当者にぶつけてみた。すると、「それぞれに根拠は正しいのですが…」との答え
が返ってきた。では、なぜ正反対の予測になったのか。

 それぞれの予測の仕方が違うのかもしれないと思い、環境省に飛散予測の方法について尋ねた。同省によると、予測の元になる根拠は3つあ
るという。

 まず1つ目は、前年の総飛散量だ。花粉の量は前年の飛散量によって変わるという。前年が多ければ今年は少なく、前年が少なければ今年は
多いという法則性があるという。

 花粉の飛散は雨天など気象条件によって大きく変わるため、必ずしもこの法則通りになるわけではないが、おおむねこのような形になるようだ。
従って、環境省は平成26年の飛散量が少なかったことから、「27年春の関東地方の飛散量は多くなる」と推測した。

■前年夏の気温と雄花の数もポイント

 2つ目は、前年夏の気温。特に7月上旬~8月中旬の日照時間や気温が花粉の飛散量のポイントになるという。この時期に気温が上昇すれば、
花粉を飛ばす雄花(おばな)が多くできるため、飛散量は増えると予想される。

 雄花の生育状況は1年ごとに異なる。昨年は東日本で日照時間が長く、気温が高いなど雄花が多くできる気象条件となったため、環境省は「今
春は飛散量が多い」とする根拠とした。

 そして、3つ目が花粉を飛ばす雄花の実際の量だ。雄花の数が多ければ多いほど、花粉の飛散量は増える。全国的に雄花の数が多ければ飛
散量も全国的に増えるが、局所的に多い場合は地域によって差が出る。特にその日の風向きによって飛散量は大きく変わる。

 花粉の飛散は例年、2月上旬ごろから始まるため、雄花の数は前年の11月下旬から12月上旬にかけて都道府県などが調査している。環境
省は昨年12月25日に飛散予測の第1報を出したが、この時点では雄花の数量は集計が間に合わなかったため加味せず、昨年の総飛散量と昨
夏の気温の2つを元に予測を出した。1月下旬には雄花の数も踏まえた第2報の予測を出すという。


(以下略)


関連スレ
【花粉症】今年の花粉は1.5倍!関東、東海は3倍にも!ウェザーニューズ、スマホで最新花粉情報提供 [転載禁止](c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422176321/
自治スレでLR変更等議論中@\(^o^)/[sage] 2015/01/26(月) 12:32:25.76 ID:GLEbBKFR0.net
>>1
じゃあ、日本人ぽく、中間で
自治スレでLR変更等議論中@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 12:34:27.81 ID:7PRXK7/FO.net
花占いで決めれば
自治スレでLR変更等議論中@\(^o^)/[sage] 2015/01/26(月) 12:34:38.89 ID:aKb5vo1Q0.net
埼玉県に引っ越すわ

外れたら激おこぷんぷん
自治スレでLR変更等議論中@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 12:37:30.68 ID:T2gm6/LX0.net
煽るとマスクとか売れるから毎年大袈裟だよね♪
自治スレでLR変更等議論中@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 12:39:21.69 ID:4nGnc8Er0.net
どちらかが当たるような気がする